1時間にわたる通勤電車に苦痛を感じた僕が始めた事とやめた事

僕の環境がガラリと変わった。
いくら原宿や上野に遊びに行くのが趣味だったとはいえ、
埼玉県から都内の神奈川県よりの場所に毎日通うということが、
こんなにも大変だったのかと痛感したことや、
正社員の重荷など、大変なことは増えた。

正直、湘南新宿ラインとやらを頼れば、ある程度は楽になるとはいえ、
1時間・・・苦痛だ。

一度は埼玉県内で考え直そうと思っていた。
それでも、埼玉県内だったらブラック会社でもいいのか?
いろいろ考えた。

暇なとき、いじるものといえばスマホ。
しかし、スマホ自体、電池の容量が少なくなっているし、
ソシャゲーはリア友とやっている星ドラしかできないし、
暇だからとポチッとからの課金地獄になったら本末転倒だ。
それに、スマホのやり過ぎは肩こりや疲労や乗り物酔いを悪化させてしまう原因にもなるらしい。
(ブルーライトもだが、下を見すぎる行為も悪いらしい)

だから、電車の中と休憩中に読書を始めた。
読書といっても、ビジネスなどには関係がない小説や漫画が多い。
今後、ビジネス本に手を出すことはないだろう。
電車の中でまで仕事の話は聞きたくないし、それを読んだから、何って話だし、疲れるし。



読書というのは不思議だ。
読むだけで時間を忘れられる。
満員電車でも苦痛にならない。
気がついたら、降りる駅の近くだったってことも多かったりする。
本屋で、次はどれを読もうとか、楽しみになってくるのもある。
ガチで何読もうかな・・・
まぁ、行きは体調の関係もあってか、自重傾向にあるが・・・

読むものは、公的秩序に反しないなら、
なんだって構わないし、
漫画でカバーすれば大丈夫とさえ思っている。
この鋼鉄の箱に束縛された1時間を、
ただ漠然と、過ごすよりはいい。

荊姫と王子の息子である次女にも、
あれこれ色々と言われる。

スマホいじり過ぎだとか、
降りる駅に着く頃には教えるから本読めとか
意外と厳しい。

荊姫に似て、次女は手厳しい。
そのかわり、仕事はきちんとできるからすごい。

ただ、ヒロアカは追いつくまではこれからも中古でもいいかなって思ってしまう。
それでもいいか。僕は僕だもん。

(流石に、まだ緊張してるのか、疲れるなー)

コメントの投稿

Secret

かうんたー
プロフィール

藤沢 霧丸

Author:藤沢 霧丸
(読み方:ふじさわ きりまる)
・20代中盤
・埼玉在住
・性別不明

2017年頃に人工精霊やタルパの存在を知り、
この生活を始めた人間。
存在を知る前からイマフレ的存在は居た。
現在5人の思念体(人工精霊/タルパ)と生活している。
所謂、アダルトチルドレンである。

【同居人紹介】
※()内は依り代
・相方(アクアオーラ)♂
・長女(ローズクォーツ)♀
・瑠璃(ラピスラズリ)♂
・玻璃(水晶)♂
・次女(ヘマタイト)♀
・王子(ルチルクォーツ)♂

詳しくは別の頁にて。

Twitter@Dancing_Junk

Instagram@kirimaru_fujisawa

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村


ポチッとしてねん↓ ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ イマジナリーフレンドへ
にほんブログ村
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ジャンルランキング
[ジャンルランキング]

179位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
77位
サブジャンルランキングを見る>>
QRコード
QR
RSSリンクの表示